スポンサーリンク

ドラマ【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 3話】ネタバレ 感想♪

豊田悠先生のドラマ【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 3話】(チェリまほ)のネタバレ感想です。

今回の見所はなんといってもキスシーン!!(額ですが)

こんなに美しいキスシーンが今まであっただろうか?と思うくらい美しいキスシーンでした♪

スポンサーリンク

豊田悠【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい】とは?

あらすじ
30歳まで童貞だったので、魔法を使えるようになってしまった安達は、「触れた人の心が読める」という地味な魔法の力(スキル)を持て余していた。そんなある日、仕事の出来る同期のイケメン・黒沢の心を読んでしまう。黒沢の心の中は、安達への恋心でいっぱいで――!?
ストーリー
ほのぼの
オススメ度
キャラクター紹介黒沢 : 安達を好き。イケメンリーマン。
安達 清 : 30歳まで童貞だったため魔法使いになったリーマン

ドラマ【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 3話】 感想!

安達に食事に誘われて思わず昇天しかかった黒沢、可愛すぎます♪(*^。^*)

黒沢のまっすぐな想いから逃げない安達も素敵です。

が!!

なんと六角が現れ、会社のみんなで飲み会に行くことになってしまうという展開に〜。

せっかくの安達の勇気が〜。。( TДT)

黒沢も安達と二人きりの食事会、ちょー楽しみにしてたはずなのに!

残念〜!

しかも黒沢と安達の席もめっちゃ離れてるじゃん〜、と思いきや、安達の隣に行った六角を黒沢がさりげなく帰宅する上司へ見送りに向かわせ、自分が安達の隣を陣取るというさすがの行動力。

しかも、飲み会の場で女子にメニューを渡したり気遣いしながら、

(あー、つらい。ほんとなら安達とデートしてるはずなのに)

など心の中で愚痴ってるのイイな〜。

黒沢の本音が可愛い。(*‘ω‘ *)

このまま二人での食事会はなかったことになるのかな、と思う黒沢ですが、そうしなければ良い、と安達をご飯に誘おうとする黒沢、健気です。

先日まで安達との関係をこのままで良いと思ってた黒沢が、安達が少し歩み寄ってくれたことで、黒沢も少し勇気を出そうとする姿、ほんと萌える。。

肝心なとこで安達が逃げちゃうのは残念でしたが。。( ^ω^; )

残された黒沢の表情を見てると可哀想。。

飲み会での王様ゲームで、安達と黒沢がキスすることになり、安達を大好きな黒沢にとって安達とキスできる大チャンスじゃない?という美味しい展開でしたが、黒沢は安達のおでこにキスして終わっちゃいます。

強張っている安達を目の前にして、黒沢はキスなんてできなかったんですよね。

安達の気持ちを大切にしている黒沢がほんと素敵です。

しかも、このシーンが美しすぎて!!

額へのキスシーンでしたが、語彙を失うほどの美しさ。。∑(=゚ω゚=;)

黒沢が何気に安達の髪をかきあげてのおでこキス、素敵すぎる。。

このキスシーン、音が止まって映像に集中させる演出でしたが、こっちも心臓止まりそうでした!

はぁぁ〜、美しすぎ。。

黒沢の伏せられたまつげとか、安達のおでこに口付けた横顔とか、一生見てられる!!(*´ー`*)ウットリ

おでこにキスか〜、と飲み会メンバーに言われ、「もうこういうの終わりね」と笑顔で言って立ち去り際の黒沢の一瞬の悲しそうな顏が辛いです。

屋上?で風に当たる黒沢を追いかけた安達は、黒沢が安達に(あんな形で触れても嬉しくない)と思っていることを知ります。

(ごめんな、好きになって)

と思っていることも。。

ここ、ほんと切ない〜〜

好きになるのは自由なのに、男同士だからと安達に悪く思ってしまう黒沢がほんと切ない。。

そんな黒沢を放っておけない安達も優しくて、黒沢のキスをイヤじゃない、って言ったり。

二人ともお互いを思いすぎだし、優しすぎ。。

見ててほんわかキュンキュンするよ〜〜

最後、黒沢が安達にキスする寸前で終わりましたけど!

コミック読んでてどうなるかわかっててもドキドキ♪

美しいキスシーンをほんとありがとうございます!

まとめ

今回も本当二人のイケメンっぷりと切なさにドキドキしつつ、物語の優しい雰囲気に癒されました。

ついに魔法使いになってしまった柘植と湊の関係も動き出しましたし!

あっちもこっちも展開が楽しみですね♪