スポンサーリンク

ドラマ【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 4話】ネタバレ 感想♪

豊田悠先生のドラマ【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 4話】(チェリまほ)の感想です。

今回は、藤崎さんのお話もあり、より世界観が深まった気がします。

黒沢もほんと真面目で優しいし安達大好きだし。

少しずつ変わっていってる安達の心境や言動の変化にも注目ですね♪

スポンサーリンク

豊田悠【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい】とは?

あらすじ
30歳まで童貞だったので、魔法を使えるようになってしまった安達は、「触れた人の心が読める」という地味な魔法の力(スキル)を持て余していた。そんなある日、仕事の出来る同期のイケメン・黒沢の心を読んでしまう。黒沢の心の中は、安達への恋心でいっぱいで――!?
ストーリー
ほのぼの
オススメ度
キャラクター紹介黒沢 : 安達を好き。イケメンリーマン。
安達 清 : 30歳まで童貞だったため魔法使いになったリーマン

ドラマ【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 4話】 感想!

黒沢のキスをイヤじゃなかった、と言う安達に、キスをしようとする黒沢の横顔が美しすぎます〜(*ノェノ)キャー

4話、冒頭からこんなサービスショット、いいんですか?というくらい、素敵なキスシーン(未遂)(*´д`*)ハァハァ 

残念ながら、安達にかかってきた電話で中断されますが、電話が終わった安達にキスの続きをしようと?歩み寄る黒沢の目が!真剣すぎます。

今を逃したら次はないかもしれない、みたいな気持ちでしょうか?

意外に黒沢、メンタルが強いというか、グイグイいっちゃう男らしいところもイイな〜(*^-^*)

ここも六角が二人を探しに来て、キスは出来ずじまいなのですが、邪魔されても?笑顔で対応する黒沢が大人で素敵です。

しかも、自分のことを少しでも好きになってくれるようにゆっくりじっくり時間をかけて安達との関係を育んで行こうとする黒沢の前向きなところもいいですね。

そんな黒沢の積極性に安達はちょっと怯えて距離を取っちゃいますけど。。( ^ω^; )

結局、安達は2週間も黒沢を避け続け、そんな安達が席にいないか、視線で何気に探してる黒沢、切ないな〜。。(つд`)

今回は藤崎さんとのエピソードもあり、安達の優しさや黒沢の頼り甲斐のある部分や藤崎さんの悩みなど登場人物の関係性や性格がよりわかって物語に深みが増した気がします。

最初は、安達が藤崎さんに好かれてる?と勘違いしちゃってましたが、実際はそんなことはなく、藤崎さんは安達を人として好きなんですよね。

しかも藤崎さんは黒沢が安達を好きっていう気持ちに気づいてるという。

なんという観察眼!( ゚д゚ )

自分は恋愛に興味がない藤崎さんですが、安達には幸せになって欲しいとか、優しい気持ちに溢れててとっても素敵です。

人生いろいろだし、人それぞれだし、恋愛してもしなくても自分が幸せならいいんですよね、きっと。

なんだか佐藤玲さん、ほんわかして自然で優しい演技も良くて可愛らしいし、好きになっちゃったな〜(*^-^*)

にしても、黒沢が安達の手の怪我を手当てしながら、失敗した〜、と自分の行動を振り返ってるの切ない。。

ケンカの仲裁も怪我の手当ても安達にしてみればウザったいのでは、と思ってたり。

でもそれでも何もしないよりはできることしたい、と思ってるのが、またまたきゅんとキます。

黒沢は安達を好きだからこそ、安達の役に立ちたいって、体が自然に動いてしまうのでしょうね。

いつも完璧な黒沢は自分にがっかりすることないんだろうな、と思ってた安達ですが、黒沢も悩んだり後悔したりしていることを知ります。

そんな黒沢に感謝を伝える安達はほんとに優しいですね。

安達に感謝されて嬉しそうに笑う黒沢の笑顔がほんと可愛い。。(´ω`*)

人の心を読めるようになって、そんな力いらない、と思ってた安達ですが、自分が少し変われるかも、と前向きに捉えることができるようになったのはいいですね。

人の気持ちがわかって、それに対して安達はいつもその人の気持ちを軽くできるような発言ができるのも安達の強さで優しさなんだろうな〜

まとめ

いつもながら30分が短く感じました。

藤崎さんもとても可愛らしく、このドラマは嫌な人が出てこないので、見終わってほんわかと温かい気持ちになれます。

今回、完璧に見える黒沢も、可愛く人当たりの良い藤崎さんもみんなそれぞれに悩みがあることを知り、人の心を軽くする言葉を発することができる安達が素敵でした。