スポンサーリンク

【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 5巻】安達の秘密を知った黒沢の攻めっぷりに萌えが止まらない! | 豊田悠

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 5巻 豊田悠

豊田悠先生の新作【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 5巻】(チェリまほ)のネタバレ・感想です。

5巻では安達が魔法使いなことを伝えるのか、その後の展開は?など気になっていましたが、読んで良かった〜!と思える内容でとっても満足です。

黒沢はやっぱりイケメンで良い人でなかなかの策士ということがわかりました。(*´∀`*)

スポンサーリンク

豊田悠【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい】とは?

あらすじ
30歳童貞で「触れた人の心が読める」魔法使いの安達と同期のイケメン・黒沢は恋人同士。順調に交際が進む中、安達は「魔法使いであること」を黒沢に隠したままでいいのか悩んでいた。「心が読めるなんて言ったら、気持ち悪がられるんじゃないか…」迷う安達のもとに、大切な一日――黒沢の誕生日がやってくる! 安達のはじめての××を描く描き下ろし70pを収録の第5巻。爽やかイケメン→→→拗らせ童貞 好意が丸見え純愛(ピュアラブ)BL。
ストーリー
ほのぼの
オススメ度
キャラクター紹介黒沢 : 安達を好き。イケメンリーマン。
安達 清 : 30歳まで童貞だったため魔法使いになったリーマン

豊田悠【30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 5巻】ネタバレ 感想!

黒沢へサプライズプレゼント

黒沢との初デートを終え、自分が心を読めてしまうことを言うべきか言わないべきか迷う安達。

黒沢と同じように相手に誠実な安達だからこそ悩んじゃいますよね。

で、黒沢の心を読むことで知った黒沢の誕生日にサプライズプレゼントをしたい安達ですが、何を贈ったらいいかわかりません。

黒沢へのプレゼントに悩む安達は、黒沢の心を読もうと仕事をしている黒沢をそっと触って心を読もうとするのですが、そんな様子が黒沢にはバレバレで(安達がパソコンのモニターに映ってて)安達が可愛くてたまらない様子。

好きな子が自分の近くをウロウロしてるだけで、嬉しくなっちゃいますよね〜♪

黒沢の心を読んだ安達は、黒沢がイヤフォンを失くしていることを知り、プレゼントします。

安達からのプレゼントに驚き喜んでいる黒沢を見て、安達は心が読める方が黒沢の欲しいものもあげられるし、言わなくていいか、と思うのです。

まー、確かにこういうとき便利ですよね〜、心が読めたら。

プレゼントって悩みますし、ピンポイントでその人が欲しいものをあげられるのイイな。(^。^)

ついに安達の秘密を告げる!

会社の製品のモニターとして柘植と湊が安達の会社にやってきます。

柘植の腹筋を触る安達を見て、ペンを折っちゃう黒沢、嫉妬がスゴすぎます。( ^ω^; )

安達の友達が気になりすぎて、安達に誰なのか紹介してもらいに行くし。

まー、柘植はそんな様子を見て黒沢が安達の言ってた”安達に惚れてる物好きか”と認識するわけですが。( ^ω^; )

 

湊が六角と大学時代の知り合いだと知った柘植は複雑な心境で、そんな柘植を見て安達は柘植の様子を伺うため、柘植の心を読むのですが、なんか自然に柘植と心の声で会話しちゃってる〜!?

と思ったら、なんと柘植も童貞のまま30歳を迎え、安達同様、心が読める魔法使いになっちゃってたのでした!

魔法使い同士は心の中で会話できるらしく、安達と心の中で普通に会話できるらしい。。( ^ω^; )

その事実を知った安達は、廊下で柘植に「いつから?」など詰め寄ります。

この時、柘植が湊を好きになっていることも安達に話しているのですが、なんとその会話を黒沢が聞き、柘植が安達を好き?!と盛大に勘違いしてしまいます。

その後、心の中での会話に移行した二人を見て、なんで何も言わない?友達だから拒めないのか?とヤキモキする黒沢は、柘植に付いていく安達を資料室に連れ込み、二人きりになります。

自分を好きだと明言しない安達に、(他に好きな人いるの?)と不安な気持ちを抱える黒沢。

その気持ちを聞いた安達は、黒沢が勘違いしている原因が柘植だと知ります。

も〜、ここギュンギュンしちゃいます!(≧▽≦)☆

黒沢の嫉妬、イイです!

でも安達、黒沢が勘違いしてる原因がすぐにわかるので、めっちゃすぐに誤解を解こうと、柘植とはただの友達で好きとかありえないことを伝えます。

こういう時、心が読めるの便利〜。

しかも、好きな黒沢に誤解されたくなくて誤解を解こうと必死に説明する安達、可愛すぎだし。

 

でもそれでも不安に思ってる黒沢に、何か隠し事してない?と聞かれ、どきっとする安達。

自分が心が読めることをずっと隠してる安達は、黒沢のことが好きだからこのままずっと隠し事は出来ない、と心を決めて、黒沢に自分が魔法使いだと告げます。

いきなりの突拍子も無い安達の告白に当然ながら戸惑う黒沢に、黒沢が自分を好きだったことや、安達用パジャマを買ってたことも知ってたことも、そんな黒沢の心の声を聞くうちに好きになってたことも伝えます。

黒沢は驚きますが、その力があったからこそ、自分の気持ちに気づいてくれた、と前向きにとらえます。

しかも、安達が心が読めると知った黒沢は、「触れれば触れるほど、俺の気持ちが安達に伝わるってこと?」と、なんと自ら安達に触れ、自分の気持ちを聞かせに行くという高度な技を繰り出します!

黒沢、すごい策士っぷりです。

で、ついに安達と初キッス!!!

ドキドキが止まりません〜!!!

しかも即2回目でディープキスです!

キス後の二人の抱擁もなんだか初々しく、二人の想い合ってる姿にキュンキュンします。

いちゃいちゃラブラブあまあまな二人が素敵に描かれてて、チェリまほファンはほんと必見です♪

 

描き下ろしでは、安達が心が読めることを知って黒沢が、言葉でも心の声でも安達にアピってくるという。

なんだか2倍、安達に気持ちを伝えることができるということを黒沢は楽しんでるというか、安達ラブが溢れすぎててとにかくどうでもいいから逆に心の声までも聞いてくれって感じですね。( ^ω^; )

安達の魔法使いの能力、黒沢にはかえって好都合というか、より安達に愛を伝えるためのツールと化してますね。

しかも、黒沢はイヤフォン以外に一番欲しかったもの=安達のファーストキスを貰えてご満悦なのでした。

そんな安達ラブ溢れすぎなイケメン黒沢に湯気が出ちゃう安達もほんと可愛すぎ〜!*(o^冖^o)*

 

でもでも、終わりに不穏な動きが!Σ(ОД○*)

なんと安達が九州支店に配属されちゃうかも〜!!な展開です。

でも何人か経験者を回すって上司が言ってるから、黒沢と一緒に行ってくれることを切実に望む!!

しかもそこでは同棲して欲しい!!(´w`*)

 

ちなみに、5巻の最初の方で、黒沢が自分の好きな人のことをとにかく自分の友達に聞いてほしい!と安達のことを惚気まくるのがほんと可愛かった。。

しかも、友達は黒沢が好きな人が男と知らないので、黒沢の話す安達のことを女性で妄想してて、めちゃくちゃ良い女になってるんですけど!

安達とのギャップがスゴいよ〜?

そんな友達二人は黒沢の会社のモニターに行くのですが、やっぱり黒沢が好きな人が誰かはわかってないようでした。( ^ω^; )

ま、まーそもそも黒沢の好きな人が男性と仮定していないわけですからね。

黒沢が安達のことを友達に聞いて欲しそうに、安達とお揃いの携帯のストラップを何気にアピールしてるのも可愛いかったし、そもそも過去に彼女がいた時もあまり話をしなかったという黒沢が安達とのことは饒舌に話すのとか、ほんと安達を好きすぎが溢れてるエピソードで楽しかったです♪

まとめ

ドラマも好調なチェリまほの5巻も面白かった〜!!

安達が魔法を黒沢にいうか言わないかで迷ってて、結局伝えるのですが、これも黒沢を信じてたから、二人の心の絆はより強固になっていたから、できたことですよね。

二人のキスシーンがすっごい良かったし。

萌えた。。(*´д`*)ハァハァ 

ドラマでどこまで描かれるかわかりませんが、この美しいキスシーンは是非見たいところです。