スポンサーリンク

【ハッピークソライフ 2巻】ネタバレ 感想!笑えて泣ける独特の世界観に没頭! | はらだ

はらだ先生の【ハッピークソライフ 2巻】のネタバレ・感想です。

ハピクソ2巻は、1巻以上に内容が充実しまくりです。

とにかく笑えるし、今回は思わずホロリとくるお話もあり、感情の振り幅が激しかったな〜。

何も考えずに楽しめる、とにかくオススメとしか言いようがない楽しいBL?漫画です♪

スポンサーリンク

はらだ【ハッピークソライフ 2巻】とは?

あらすじ
僻地に左遷された元エリート・粕谷と、金欠クソニート・葛谷。 ド田舎で衝撃のファーストコンタクトを果たすも 挿しつ挿されつ、お互いの穴を埋め合う仲になっているふたり。 アナルさびしんぼ同士で拘束プレイを楽しんでいたある日、 バイブの電池切れでプレイは一時中断。 身動きできない粕谷を残して葛谷が電池を買いに出ると 田んぼに落ちてる女性と遭遇!!! 世話を焼きつつ多少の下心ありつつ家に連れ帰る葛谷だが、 そこにはすっかり存在を忘れていた アナル丸出しであられもない姿の粕谷がいて…!!!?
ストーリー
コメディ
エロ
オススメ度
キャラクター紹介粕谷(リバ) : 左遷されたサラリーマン。
葛谷(リバ) : ニート。粕谷の隣人。

はらだ【ハッピークソライフ 2巻】ネタバレ 感想!

今回のハピクソ2巻も最高に面白かったです♪

新キャラも登場し、いろんなバリエーションのお話があり、内容が盛りだくさんで読み応えがありました。

 

まず新キャラですが、粕谷の元カノの椿ちゃん登場。

もっとSよりな人かと思いきや、想像していたより、ずっと可愛くて性格も可愛い。

粕谷をペニバンで攻めてたくらいだからどんな女王様かと思いきや、ですよ。

葛谷にガチガチに拘束された粕谷と椿の再会シーンも衝撃的でしたが、粕谷の椿に対する薄い反応もある意味、驚きました。

ヨリを戻そうとするわけでもなく、椿が寝てる隣の部屋で葛谷とセッ○ス始めちゃうし。

ある意味、すでに粕谷の気持ちは葛谷よりになってるということなのかな?

椿は、ちん○に負けた、と思ってますが、粕谷によると腰使いは葛谷より椿のほうが良いらしいので、ほんと椿にちん○がついてたら(男だったら)、粕谷は椿から離れなかったのかな〜、と思ったり。

(まー、元々粕谷の意思で椿から離れたわけではないですけど( ^ω^; ))

 

2人目の新キャラはリョナ(エログロ)好きのコマ。

一見した見た目は可愛い系なのに、性癖が怖いんですけど〜。

粕谷がリョナを否定した時のコマの表情もコワすぎ。。

敵とみなしたものは殺られちゃいそう。。(;゚∇゚)

そんなコマがいるときに、レオが登場。

レオとコマ、顔の系統は全然違いますがコワイ雰囲気が似てるので、くっつくとかないかな?と一瞬思いましたが、レオは相変わらず葛谷一筋なのでそれはなさそうですね。

私が楽しみにしていたレオの登場でしたが、今回は結構あっさり引いてました。

もう少しガンガン葛谷にぶつかっていって欲しいのですが(遠回しにプロポーズ的なことはしてましたが)、また出直すらしいです。

葛谷にしては頑張ってレオを拒否してましたが、それはあまり通じてませんでしたね。( ^ω^; )

 

今回、神様が大活躍でした。

いろんな性癖シチュエーションを再現してて面白かった〜♪

ちょっとポンコツ気味でしたけど。

”おねショタ”シチュのショタかっすー、可愛いな。

”異種姦”が犬とカタツムリとか、絶対成立しないし。

”言葉責め”とかお互いディスってるだけだし。

面白すぎる。。(>v<)

しかし、最後に”りょうおもい”の紙が二人の間に落ちてくるの、すごい暗示ですよね。

1巻でもそんな雰囲気ありましたが、やっぱり二人は両思いになるんですね。

2巻ではお互いにケンカしつつも親密さは増してる感じで、会話の端々にうっすーら互いを意識してる雰囲気はありましたね。

ニートで何もできないと思ってた葛谷が魚捌けてかっこいいと思っちゃう粕谷に少し”りょうおもい”の希望が見えました♪

家事力ある葛谷と経済力ある粕谷で、お似合いだと思います。

 

ちなみに、葛谷のおばあちゃんの話には涙がほろりとしましたし、触手飼育は笑えるし、内容の振り幅と密度がスゴかったです。

まとめ

読後の充実感が半端ないくらい内容が濃密で面白い。

こんな作品を描けるのは、はらだ先生だけですね。

絵が綺麗だからか見せ方が上手いからなのか、何を描いても下品になりすぎないというか。

椿もレオも出直してくるらしいですし、なかなか二人が両思いでハッピーエンド、とはならないですけど、みんなでワチャワチャしてるのが見てて楽しいので、それはそれでいいかな、という感じです♪

3巻も楽しみです♪

というか、この二人をずっと見続けていきたい。。