スポンサーリンク

【ハッピー・オブ・ジ・エンド】 ネタバレ感想! 暗くて辛くて切なくてキュンとする二人| おげれつたなか

ハッピー・オブ・ジ・エンド おげれつたなか
Harryarts - jp.freepik.com

おげれつたなか先生の【ハッピー・オブ・ジ・エンド】のネタバレ・感想です。

おげれつたなか先生の作品、とことんダークな作品が多かったりするので、読む時に少し覚悟がいるのですが、こちらもそんな雰囲気でした。

でもダークな中に少し希望があって。。

読後感は思ったほどダメージを受けなかったので良かったです。( ^ω^; )

スポンサーリンク

おげれつたなか【ハッピー・オブ・ジ・エンド】とは?

あらすじ
「おめでとう、生きてる」昼下がりのゴミ捨て場、見覚えのある男の声で目が覚めた。 空腹で金もない千紘は新しい“家”探しに訪れた行きつけのバーでド好みの男・ケイトに目を奪われ声をかけると好感触。 まさかのホテルに誘われ、いい雰囲気になったところで突然電マでボコボコに殴られたのが1日前――。 全てを思い出すも、仲間を呼ぶケイトの様子を見て今度こそ殺されるかもしれないと思いつつ回収された先はアパートの一室。 ケイトの目的はとある探し物で、自分が用無しだとわかるとあっさり「消えて」と言い放たれるが帰る“家”もない千紘で・・・。 謎めいたどイケ傷害男×人生底辺ヒモカス男 クソみたいな人生、愛に飢えたふたりの歪な協和音
ストーリー
ダーク
エロ
オススメ度
キャラクター紹介ケイト(黄 浩然・ハオレン) : 風俗のスカウトマン
柏木千紘 : 23歳、無職ヒモ男

おげれつたなか【ハッピー・オブ・ジ・エンド】ネタバレ 感想!

この作品の受け攻め両方とも壮絶で暗い過去持ちです。

ダークにダークを掛け合わせたら、少しダークが薄まった、というイメージの作品でした。

 

受けの千紘は、4年付き合ってた彼氏・駿一が急に結婚し、セフレの家を転々とする生活。家族にはゲイバレし、絶縁状態。

攻めのケイトは、子供の頃、大好きな母親に捨てられ、体を売る生活の中、酷いSMプレイをされたり、再会した母親はヤク中で子供と認識されず、でもお金をたまに渡したり、という生活。

二人とも身の上が辛い。。辛すぎるよ〜o(T^T)o

 

二人の出会いは、バーで千紘がケイトに一目惚れ状態で声をかけたところから始まります。

が、ホテルで千紘はなぜか急にケイトにボコボコに殴られ、ゴミ捨て場に捨てられるという衝撃的な展開を迎えます。(;・∀・)

その後、ケイトは、千紘がヒモをしていたマツキから盗んだ黒いカードの行方をを聞くためにゴミ捨て場に千紘を拾いに行くのでした。

 

ていうか、ずっとケイトの目が死んでるように見えます。

ケイトはすごい黒髪美人なんだけど、目に光がない描写が、徐々に明かされていくケイトの壮絶で重い過去を考えると、生気を失ってるんだろうな、と納得です。

生きている意味を見出せないというか。

ずっと母親の愛を求め続けて、普通の生活に憧れ続けて。。

でも辛い環境から抜け出せなくて。

ケイトの気持ちを考えるとほんとに辛くなります。

 

ケイトの唯一の救いは千紘と出会えたことなのかな。

最初はお互いに良い印象ではなかった二人が徐々にすこーしずつお互いを意識し始めます。

「好き」と言葉で言わなくても、お互いを想っているのがわかる手とか目の表現がすごく素敵でした。

 

特にケイトの千紘への嫉妬の数々が最高すぎます。

元彼とラインして再会する約束を知ったケイトが、千紘を荒々しく抱いて、

「動くオナホみたいだな」って言っちゃって、傷ついたように泣く千紘を抱きしめるところとか。

千紘が元カレと会うのをケイトがつけていって、ホテルに行こうと誘われた千紘が迷いながらもOKすると、千紘にビールを頭からかけるケイトとか。

してることが酷いんだけど、ケイトの千紘を想う気持ちが溢れてるな〜、と。

ていうか、千紘が元カレ、ほんと最悪なんですけどーー。(-“”-;)

勝手に結婚しといて、都合の良い時だけ抱こうとか…。

千紘が可哀想すぎる。。

 

元彼を振り切ってケイトの元にやってきた千紘が

「ゴミと動くオナホってどっちがマシなんだろうな」って言うと、

「動くオナホに決まってるでしょ」

と千紘の手を握ったケイトの手が震えてるのとか、ほんとギュンギュンくる〜!!(≧U≦)

 

その後、ケイトの母親が自殺で亡くなり、ケイトは廃人状態に。

そんなケイトのためにまじめに働こうとする千紘でしたが、勤め先のレストランにゲイを毛嫌いする兄が来て派手に喧嘩をして1日でクビになってしまいます。

 

千紘は空腹のケイトを連れて、牛丼屋やボウリングなどに行き、初めて二人がとても楽しそうに過ごします。

公園でボートに乗ったケイトは、

「すごく楽しい」「もうこれ以上ない」と、千紘に笑顔で告げた後、

「死にたい」と言うのです。

その時の千紘の顔と、そっか、と納得するセリフがほんと切ない。

”楽しい”、からの”死にたい”の落差が激しくて切なくて涙。。

しかも、千紘はそれを受け入れてる。

ケイトにとっては今までで一番、これ以上なく楽しいからこそ、今死んじゃいたい、と思ってしまうくらい辛い日々を過ごしてたんですよね。(´;ω;`)

その心境、境遇を考えると、ほんと辛くて胸が痛くなります。

で、線路に寝転ぶケイトの隣に当然のように寝転ぶ千紘。

千紘はケイトがいればいいし、いないなら意味ないし、千紘の人生自体も辛いことが多くてケイトと一緒に死ぬならいいや、という感じなのでしょうね。

そんな千紘を見て逆にケイトが焦り始め、電車に轢かれる寸前、千紘を線路から引きずり出すケイト。

千紘のせいで、幸せに生きれるかもと期待してしまう、と涙を流すケイトに胸が締め付けられます。

ほんとにほんとに酷い人生を送ってきたケイトがようやく見出した幸せになれるかもしれない糸口(千紘)を手離さないでほしいです。

 

ちなみに、ケイトは誰かに追われてて常に居住地を転々としてます。

私は勝手にSMクラブで働いてた時の常連に追われてるのかな、と思っているのですが。

ほんとすごく酷いことをする人なので、見つからないでほしい…。

続編ではそのあたりが描かれるのかな。。

不安です。

ケイトと千紘、幸せになってほしいよ。。

 

ちなみに描き下ろしは少し楽しそうな二人でほっとしました。ε-(´ー`*) 

ケイトの瞳に輝きが戻ってて一安心です。

まとめ

二人の出会いは最悪でしたが、最後は互いがいなくてはならない存在になってて。

お互いに良い人生を送っていない分、これから幸せになってほしいのですが。。

まだ「好き」とかお互いに言ってないし、付き合ってる感じにはなっていないですね。

(描き下ろしでは、千紘はケイトの顔が好きで、ケイトの好きなものの話では千紘の特徴を言ってたので、互いに好きなのは間違いないと)

 

ちなみにケイトが黒髪美人なのはもちろんですが、千紘もたまにすごーく美人に見える。

とにかく絵が美しいし、素敵で見惚れてました。(・´ェ`・)