スポンサーリンク

【ララの結婚 3巻】やっと両想いになれた二人♪ | ためこう

ためこう先生の新作【ララの結婚 3巻】のネタバレ・感想です。

今までいろいろあった誤解などが一気に解け、気持ち的にすっきりできた3巻でした。

エロ要素は少なめですが、各登場人物の心情が丁寧に描かれ、とても読み応えがありました♪

スポンサーリンク

ためこう【ララの結婚 3巻】とは?

あらすじ
男の身でやむなく新妻と偽りウルジの家に留まるラムダン。だがウルジの婚儀の企てを知り、家を飛び出して!?
ストーリー
執着
エロ
オススメ度
キャラクター紹介ウルジ : 富豪の跡取り。ラムダンに一目惚れ&一途に想い続けている。
ラムダン(ララ) : 強気。ララの双子の兄。ララに扮してウルジに嫁ぐ。

ためこう【ララの結婚 3巻】ネタバレ 感想!

ラムダンは、2巻でウルジの謀略を知って妹を探しに行くのですが、その美人さゆえに出会った荒くれ者に連れ去られた先が娼館でした。

なんとその娼館の管理人がジャルガルと呼ばれているパドマだったのです!(ウルジの兄の)

なんで〜?!と思ったら、どうやらウルジの家は表の仕事と裏の仕事があるらしく、裏の仕事の情報売買はパドマが担当しているらしいです。

なので、2巻でパドマが実家を出て行ったのも出来レースというか茶番だったというか。。(゜o゜)

そんな裏があったとは、という感じですが。

 

ララは妹を探していることと、ウルジの家には帰らない、とパドマに伝えます。

パドマはそんなラムダンを匿い、ララの情報が入ったら教えてくれるということで、ラムダンは娼館にとどまることになります。

ラムダンの親しみやすい性格で娼館では力仕事や揉め事の仲裁など、娼館で働く女性達にも頼られるようになっていきます。

ラムダン、可愛いだけでなくほんと竹を割ったような性格と、どこか女性らしさも男性っぽさも兼ね備えてて、人間的にも素敵ですしね。

娼館で女性達に囲まれ、わちゃわちゃしてると、やっぱりラムダンってちゃんと男の子だな〜、と改めて思いました。(*^-^)

 

一方、ウルジといえば、アリアナとの結婚がどうなるのか、すーーっごく気になってましたが、結局、婚礼の場は設けられましたが、式に出ることはなく、結婚はしませんでした。

ウルジの父親がアリアナと結婚して子を作れ、と頭まで下げたので、どうなるのかヒヤヒヤしましたが、やっぱりウルジは不誠実なことはできませんでした。

ウルジが言うように、アリアナと結婚すれば、アリアナは傷つき、この先ずっと不幸になってしまいますよね。

ウルジにはラムダンしか見えないのですから。

アリアナもそこまで言われて気持ちにケリがついたようで、ウルジのことを諦めます。

ダメかもと思いつつ、心の赴くままにウルジに気持ちを伝え、潔く身を引いたアリアナはとても勇気のある素敵な女性でした。

 

ララはといえば、ラムダンを心配してウルジの元にやってきたのです。

もう〜、ラムダンそっくりすぎて、脳内パニック起こしそうになりました。

でも、ウルジにはすぐにララだとわかります。

ララはもう少し女性っぽいイメージでしたが、性格も結構ラムダンに似てる。。

言葉遣いは女性っぽいですが。

 

自分もラムダンも、ウルジと自分の夫・ロサンに騙されていたと思っていたララですが、実はロサンは昔からララを好きで、でもウルジの婚約者だから諦めようとしていたのです。

ですが、ロサンは諦めきれず、ウルジに婚約解消を求め、その際に、ウルジにララと駆け落ちすることを提案されたようです。

まー、ウルジにとっては都合が良かったんでしょうね。

ウルジがロサンという男にララとの駆け落ちを頼んだのかと思ってましたが、ロサン自身がララと結婚したかったのですね。

ちなみにロサン、イケメンすぎ〜!(*´ω`*)

ロサンもララに一途だし、ララはララでちゃんと幸せでよかったです。

ウルジがラムダンを手に入れたいばかりにララはかわいそうなことになってるのかな。。と思っていたのでほんと良かった。。

でも、ロサンがララを抱きしめてる姿を見ると、あまりにラムダンにそっくりすぎて複雑な心境〜。( ^ω^; )

 

ちなみに、ウルジのラムダンへの愛を一方的な愛と言いきるララと、婚儀の準備をするアリアナのコマが交互に出てきたのですが、ウルジのラムダンへの自分の一方的な愛アリアナのウルジへの一方通行の愛が重なりますね。

ラムダンしか愛せないという想いとともに、一方的な愛は、愛する方も愛される方も幸せではないとわかっているから、ウルジは頑としてアリアナを受け入れなかったのでしょうね。

それはアリアナを大事に思っているからこそでもありますね。

 

その後、ウルジはラムダンを探しに行き、ラムダンのいる娼館にたどり着きます。

ウルジから逃げ、捕まっても、ララも自分も人生を狂わされたとラムダンはウルジを激しく拒絶します。

が、ウルジがララから預かったイヤリングをラムダンに見せ、自分の家にいること、ラムダンに会いたがっていることを伝えると、安心し冷静になります。

ラムダンに心から謝罪するウルジの目を見て、ラムダンはウルジを受け入れるのでした。

最後のウルジとラムダンのキスシーン、とっても美しいです。

泥中の蓮

泥中の蓮

初夜

お互いに誤解が解け、想いを通じ合わせたラムダンとウルジ。

ラムダンは娼館での自分の部屋へウルジを招待します。

で、セッ○スとなるのですが、ラムダンに受け入れてもらえるのか尋ねるウルジの言葉が一言一言良くて。。

 

ウルジはラムダンを初めて男として抱きます。

キスだけで腰砕けになるラムダンとか、ラムダンのモノを扱いたり舐めたりするウルジが新鮮〜!

しかも男の子の身体のラムダンがすっごい色っぽさ!

1巻でラムダンを女として扱った初夜とは別の意味での初夜、最高です。

 

いつも表情の硬いウルジが乱れるラムダンを見る最後のコマが良かったです。

もう帰ってこないだろう、とまで思っていたラムダンを腕に抱けるのはどんなに嬉しいでしょうね。

しかもちゃんと心から自分を受け入れてくれて。

ウルジ、表情にあまり出ませんが、内心はめっちゃ喜んでるのではないでしょうか?(^ー^*)

にしても、これから、というところで終わっているので、続きが見たくてたまりません。。

まとめ

3巻は、本文にカラーページもあって美しさに見惚れました。

ちょこちょこ絵が綺麗すぎて、じっと見ちゃうので、読むのに時間がかかってしまいます。

 

内容は本当に良くて、やっと二人の想いが通じ合って良かった〜♪

今後、跡取り問題とか気になることがありますが、本当のラムダンとウルジがやっと出会え、両思いになったのですから、どうにか乗り越えていくのでしょうね。