スポンサーリンク

【恋するインテリジェンス】聖前×桃月 後編 聖前の執着心のトラウマが明かされる!| リンクス2020年11月

丹下道先生【恋するインテリジェンス】リンクス最新号 2020年11月号のネタバレ・感想です。

今号では、いつもニコニコしてて聖人のような正統派イケメンの聖前の執着という闇が深い理由がわかりました。

闇というかトラウマなのかな?

完璧な見た目の聖前がドス黒い感情を、桃月だけには曝け出し、桃月に執着しているところ、私はすごく好きです♪

スポンサーリンク

【恋するインテリジェンス 聖前 × 桃月 後編】リンクス 2020年11月号

あらすじ
N国外務省では色仕掛け任務のため、男性分析官が男役と女役に分けられ「バディ」となり組織的なH訓練に励んでいる。外務省118期の桃月は、度々秋草室長の心情を逆なでし、バディの聖前と共に海外任務へ飛ばされているが、今はN国でカムボーイの任務をこなしている。ある日、桃月は藍染の代わりに急きょ任務を担当するが…?

【恋するインテリジェンス 聖前 × 桃月 後編】 ネタバレ 感想!

聖前の沈められた思い

色任務に行く桃月を止めたくても止められない、というような夢で、寝汗びっしょりで目覚める聖前。

聖前は桃月が色任務をすること自体、悪夢を見るほど本当に嫌でたまらないようです。

聖前は悪夢に苦しむほど、自分の気持ちをよほど強く抑え込んでいるのでしょうね。( ;∀;)

ちなみに、テロ対策の任務で女性からパーティの招待状を手に入れるという役目を無事に果たす聖前、ほんと男前すぎなんですが〜!!(*´д`*)ハァハァ

こんな素敵な聖前に心から愛されてる桃月、ほんと羨ましい。。

かなり闇が深そうではあるけど。。( ^ω^; )

そんな聖前の子供の頃の話が描かれています。

子供だった聖前は、一つの宝石を拾います。

それは大人から見ればただの石ですが、聖前にとってはとても大切なもので、寝るときも一緒なくらい肌身離さず持ち歩くようになります。

そんな聖前を心配した両親はカウンセラーをつけたり、聖前を心配するのですが、両親も大好きだった聖前は、大切にしていた宝石を海の底へと沈めてしまいます。

自分の強い執着心とともに。

聖前にとって石は他の子達がおもちゃを大切にするように普通のことだったのに、無理やり自分の中でけりをつけて手放してしまったのが、なんだか可哀想そうです。

その後の聖前は、執着をやめ、いつもにこやかに穏やかに完璧な仮面をつけていたのです。

桃月に会うまでは。

聖前が桃月に恋をした瞬間

郷土にバディを色任務に送り出すのを躊躇しないのか聞かれた聖前は、「しないTCがいると思う?」と言い放ちます。

それはそうですよね。

完璧な仮面をつけた聖前で、桃月が色任務に行っても傍からは平然と見送っているように見えます、相当、内心、穏やかではないようですしね。

聖前のつけてしまった仮面の完成度高すぎます。( ^ω^; )

聖前が桃月に恋をした瞬間が描かれてましたが、執着を無理やり捨てた代わりに神経質なくらい小さなことにこだわるようになった聖前は、自分のそんなところを人に見られるのがイヤだったのです。

なので、聖前の凝り固まった神経質そうな食事の際の決まりごとを人に見られないよういつも一人で食事をしていたのですが、たまたま戻ってきた桃月はそんな聖前の気にしているところを全く気にせず、無邪気にパンを勧めてくるのでした。

そんな桃月に、聖前は桃月は自分の闇を怖がらないかもしれない、と惹かれていったのです。

たしかに聖前の前に現れた桃月がほんと天真爛漫で可愛くて、これは恋に落ちちゃうな〜、聖前が桃月に惹かれても仕方ないな、というエピソードでした。

そうして、沈めたはずの聖前の本質はゆっくりと浮上してきたのです。

子供の頃に無理やり手放した執着心はより闇深いものになってしまっているというか、桃月に出会って恋をした聖前の桃月に対する執着は、心の奥底まで深く沈めていた分、より重く深くなっているようです。

藍染の代わりに行った色任務でキスマークをつけられた桃月の首に両手を回してしまうほどに。

今にも首を絞めそうな聖前ですが、そんな聖前に桃月はマッサージ?とやっぱり無邪気です。( ^ω^; )

そんな場面を偶然見た牛通堂は慌てふためくのですが。

抑えきれない想い

本当は桃月を誰にも触らせたくないと思っている聖前ですが、仕事にやりがいを感じている桃月の笑顔を見られなくなるのは耐えられない、ということで、桃月の色任務も無理やり受け入れているような状態です。

だから悪夢を見ちゃうんですね〜

で、時々耐えきれなくなって心のままに振る舞ってしまうようです。桃月とのセッ○スのときに。

どうやら桃月はそんな聖前の真の姿を知っているようで、「今日は余裕を持って進められない方の日なんだ」と言う聖前を受け入れます。

こんな風に聖前が桃月に言ってそれを桃月が受け入れてるということは、それまでになにやらあったということでしょうから、それも気になります。

余裕がなくなったきっかけが、色任務でキスマークを付けられたことだと知った桃月はそんなことで?みたいな反応でしたが、聖前にとってはすごくすごく許せないことなんですよね〜

本当は桃月に誰にも少しも触れさせたくないのですから。

桃月は聖前に足の先まで身体中を丁寧に舐められ、イっちゃうまでお尻も舐められ(多分、舌を穴に入れてます;)、とにかく聖前の気持ちが落ち着くように好きなようにさせている感じです。

ていうか、桃月に「ちょっと待って」と言われてもまったく待たない聖前です。

桃月に飢えてる感じ?(*´¨`*)

その後も聖前の言うがまま、桃月は両足を自分で広げさせられて、聖前の指でアナルをかき回されてまたまたイっちゃいます。

座った聖前のモノの上に腰を落とすように言われ、上下に出し入れさせられたり、とにかく桃月は聖前の言いなりです。

にしても、仰向けになった聖前の大きなモノを受け入れながら、聖前の上に抱え上げられた桃月、可愛すぎなんですけど〜!( ̄་། ̄*)

聖前が桃月に夢中になるの、わかります。

可愛くてエロくて天真爛漫でスレてなくて。

中身的には、天使と悪魔な感じ?

自分と全然違う存在だから余計惹かれて好きになっちゃうのかな。

四六時中、腕の中に閉じ込めておきたい、と言いながら、激しく桃月を突く聖前は普段の王子様とは全然違います。

もう桃月への愛が溢れすぎちゃってます。

愛が溢れすぎて、桃月が痙攣してイっちゃうまで聖前の腰の動きは止まりません!

事後、自分のことをおかしいと言う聖前に、桃月はそのままの聖前でいい、と聖前をまるごと受け入れ、互いに愛を確認し合います。

聖前は、自分を認め、愛してくれる桃月という存在に出会えて本当に良かったですね。

ちなみに、聖前の家のベッドでのセッ○スでしたが、桃月が萌え袖だったのが可愛い〜!

あれ、絶対、聖前の服を着させてますよね。

体格差〜! 萌ぇ萌ぇ…(*’д`*)ハァハァ…

あのセッ○ス教材って。。

カムボーイの仕事が落ち着いた桃月が、室長の時代はカムボーイの仕事なかっただろうから、顔も加工できるんだしやってみてほしいわ、と仲間と話しているところに、秋草室長がやってきます。

えー、そんなこと室長に聞かれたらまずくない?と思ってましたが、やっぱり、という展開が待ってました。( ^ω^; )

桃月は室長に、セッ○ス鑑賞趣味のターゲット用に聖前と一緒にセッ○ス配信するように、と言われてしまいます。

しかもなんとその配信映像を128期の教材用に使い回す、と。

桃月は嫌がってますが、室長の逆鱗に触れたようですから仕方ありませんね。( ^ω^; )

この会話で、以前、深津たちが見たセッ○スの映像教材は、桃月と聖前だったのか〜!!と合点がいきました。

あの時、ほんとにヤってるのかな?という会話がありましたが、ガチセッ○スなんでしょうね、やっぱり。

聖前が室長とあとで交渉するから安心して、と桃月に言ってますが、交渉は決裂したのでしょうか?( ^ω^; )

もしかすると、桃月と聖前ではない可能性もありますが、こういう裏話、面白いですね。o(*^▽^*)o~♪

深津たちは、桃月と聖前のセッ○ス映像で勉強してたのか〜♪

まとめ

今回の前後編は、どうやら聖前と桃月がバディになって両思いになったその後のお話のようなので、聖前の闇を知った桃月と聖前が両思いになる過程などがまた今後描かれていくのかな?

今回、セッ○スする時に、聖前が自分の好きなようにさせないと状況が悪化することわかってるよね?と桃月に言っていることから、過去にどんな酷い目にあったのか怖いもの見たさで知りたいです。

正直、聖前のことすごくカッコイイけど、落ち着きすぎてて性欲もあんまなさそうな雰囲気〜、と思ってましたが、めっちゃエロいとこも好きになってしまった。。(*´ェ`*)ポッ

しかもヤりだすとブレーキきかない強引なところも素敵です♪

恋するインテリジェンスは、どのカップルも奥が深すぎますね。

執着攻めが好きな方にはこちらもオススメ♪