スポンサーリンク

【夜明けの唄 1巻】ネタバレ感想♪ ワンコ攻めと美人戦巫女の壮大ファンタジーBL!| ユノイチカ

ユノイチカ先生の新作【夜明けの唄 1巻】のネタバレ感想です。

なんとユノイチカ先生の初コミックスというのが驚きの絵もストーリーも圧巻の完成度!

ファンタジーBLですが難しくなく、世界観もしっかりしていて読みやすいです。

ワンコ攻めのアルトが可愛い♪

スポンサーリンク

ユノイチカ【夜明けの唄 1巻】とは?

あらすじ
治癒の力をもつ青年×短命の戦巫女がおりなす、救済系ファンタジーロマンス、開幕! その島には、海からくる化け物と闘い、人々を守る巫女がいた。 成長がとまり、呪いを受けた身体で孤独に闘う巫女の名はエルヴァ。 そんなエルヴァの身の上を知った少年・アルトは、彼をその役目から解放してやりたいと願う。 誰も近づかなかったエルヴァのもとに通い詰め、世話をするようになり、ずっと彼のそばにいると誓ったのだ。 そうして、年下ワンコと美丈夫という正反対なふたりが、主従のような家族のような日々を過ごして8年。 数年の命だったはずのエルヴァの身体は、何故か回復の兆しをみせていて――?
ストーリー
執着
オススメ度
キャラクター紹介アルトノウル : 10歳→18歳、エルヴァを慕い下男となる。
エルヴァ : 18歳→26歳、海の化け物と闘う戦巫女

ユノイチカ【夜明けの唄 1巻】ネタバレ 感想!

この作品、単話売りの時から気になってて、やっと単行本化で読みましたが、想像以上によかったです♪

表紙からは、アルトがあんなにワンコだと想像してなくて、目も想像以上にクリクリのまま10歳から18歳へと成長したので、ちょっとイメージが違ってたのですが、エルヴァへの忠誠心というか一途な恋心がイイです。

夜毎、海の謎の怪物と戦い、島を守っている覡様であるエルヴァ。

そんなエルヴァに懐き、身の回りの世話をし始める10歳のアルト。

アルトがエルヴァと一緒にいはじめてからエルヴァの体を蝕む墨痣と呼ばれる手足の黒い痣が徐々に消え始めます。

また、夜の海は命の危険があるはずがアルトには全く影響がありません。

なぜ夜の海に怪物がいるのか、なぜ覡様という存在がいるのか、なぜエルヴァは命を落とすまで戦い続けなくてはいけないのか、など謎が多い重厚なファンタジーとなっています。

そんなエルヴァを覡という任から解放したいと願い、行動するアルト。

ですが、なかなか一筋縄では行きそうにありません。

というファンタジー要素てんこ盛りですが、ところどころにコメディちっくな絵とか展開が詰め込まれてて重くなりすぎず、アルトの天真爛漫なキャラも相まってとても読みやすいです。

成長が13歳からほぼ止まっているエルヴァなので、アルトが成長したら合法ショタ?と少し期待しましたが、アルトとずっと一緒にいるうちにエルヴァの体も少しずつ成長し、アルトが18歳になる頃には、エルヴァも17、8歳くらいの見た目へと成長しました

ちょっと残念です。(合法ショタ〜 o(T^T)o)

でも、10歳から18歳へと成長したアルトの体格がどっしりしっかりしているので、エルヴァとの体格差がかなりあります。

体格差、イイですね。(*^-^*)

18歳になったアルトは恋愛適齢期。

まわりからも恋愛や結婚の話を振られますが、アルトはずっとエルヴァを想っているのでエルヴァ以外の人と恋愛や結婚する気などは全くありません。

かと言ってエルヴァに想いを告げることもできないのですが。。

酔った時にエルヴァにキスをしましたが、それも記憶があやふやなまま。

逆にエルヴァがアルトとのキスを意識する、という恋愛的には1巻ではあまり進んでいません〜。

こんな状態なので、エロは当然ありません。( ^ω^; )

キュンポイントは、10歳のアルトと一緒に寝ていたエルヴァが18歳で大きくなったアルトと相変わらず寝てて二人の体格差を愛でられるところと、ある日、エルヴァから一緒に寝ようとアルトを誘うと、「さすがに…もう18歳なので…」と断られ、衝撃を受けるエルヴァですね。

いつまでも子供と思っていたアルトの性的成長を感じます。

キスをしたことをおぼろげながら覚えているアルトがエルヴァの顔を見て、可愛い、もう一度キスしたい、と思ってるのも萌え〜〜♪(*´Д`)

でもできないアルトが可愛いです。

アルトが仕事で一週間エルヴァの家に来れない時、お手製の木彫りの犬を渡すのも可愛いです♪

最後、エルヴァを覡から解放したいアルトが海の謎だけでも知りたいと、海に飲み込まれ、打ち上げられた海岸で他の覡様に助けられるところで終わりましたが、どうなっちゃうんだろ〜(;゚Д゚)

アルトはある意味、特殊能力があるというか、覡様の墨痣の広がりを抑え、延命させているので、他の覡様に狙われたらヤダな〜、と思ったり。

ちなみに、アルトは純粋にエルヴァを可愛い大好き、という気持ちでいますが、エルヴァはアルトを好きだけど、墨痣を癒せる唯一の人物として自分が生き延びるためにアルトを利用しているのではないか、という思いもあったりして、単純にアルトが好きだから一緒にいたい、付き合う、とかそういう思いにまで至れないようでなかなか難しいですね。

たしかにアルトの存在はエルヴァを延命させているようですが。。

それがなぜなのか、などもわからないと、アルトとエルヴァのお付き合いは始まらないのかな〜?

それとこれ(恋愛感情)は切り離して考えて欲しいのですが。

なかなかもどかしいですね。

そんな1巻の続きの単話5話が、DMMブックスで今だけ読めるので、1巻を読んだ後は、ぜひ見てみてください♪(8月19日(木) 23:59まで)

>>> DMMブックスで単話5話を読む

まとめ

絵が綺麗で、コメディちっくになる絵も可愛いし、お話もサクサク読めちゃう。

シリアスダークだけでないのがイイです。

両片思いな二人の恋の進展も覡様の謎も気になります!

エロはなく、ゆっくりと進んでいくストーリー重視なBLです。

二人が恋心を着実に育んでいく関係性やファンタジーならではの世界観に浸りたい!という時にオススメです♪